横山 美帆

地域密着でお客さまに寄り添って提案できることが魅力です。

大学時代は「株式会社の公益事業参入の是非」について、現状と会社法の観点から研究するなど、企業のあり方について学びました。
 また在学中、「コンビニでの接客」と言う仕事も経験し、お客様と直接接することの大切さを学び、そこでお客様の要望をはじめて汲み取ることができると実感しました。
 大学3年生のときにインターンシップを経験し、金融機関でのコンサルティング業務は、お客様と近い距離で仕事できることに非常に魅力を感じました。
 その中で地元埼玉県を基盤にし、対面営業をメインとして地域に密着して仕事ができる「むさし証券」に魅力を感じ決めました。

1日のスケジュール

  • 8:00
    出社。
    新聞やメールチェック。
  • 8:20
    朝会議。(業務内容、営業計数確認等)
  • 9:00
    外訪活動。(新規開拓)窓口、電話顧客対応
  • 11:30
    昼食。
  • 12:30
    外訪活動。(新規開拓)窓口、電話顧客対応。
  • 12:30
    後場。(お客さまに電話、訪問)
  • 16:00
    事務作業。(日報作成)
  • 17:30
    退社。

社会人としての自覚と責任。
少しだけ自信もついてきました。

現在の主な仕事は新規開拓です。電話でアポイントをとりアンケートやキャンペーンのご案内を行い、貴重な「きっかけ」をいただけた方に、資産運用のご相談から株式、投資信託のご提案を行います。
 新規開拓は、つらいと思うこともありますが学生時代にコンビニでアルバイトして鍛えた接客スキルと「断られて当たり前」なんだと自分に言い聞かせて、根気強く行っています。
 何回も新規開拓に通って、世間話から始めて自分の経験や考えを述べて、お客さまが話を聞いてくれたとき、お客さまのニーズが聞けて、上司に相談のうえさまざまのご提案をして、「むさし証券で取引するよ」と言われて、新規口座の開設に至った時のうれしさ、喜びは何ものにも代えがたいものです。
 また、店頭にいらっしゃったお客様の対応で、新規口座開設の手続きや住所変更等など事務手続きなどを行って、自分なりの気配りがお客様に通じたときも喜びを感じます。

 今の自分なりに心掛けているのは、テレビ・新聞やインターネット、また会社の情報収集端末を利用して社会情勢や経済・そして商品知識を少しでも吸収し、よりたくさんの人に提案できるようにすることです。
 私たちの扱っている株式や債券は社会の動きを鋭敏に反映していることが分かりました。例えば「ニュースである事象が報道されたら、経済はこう動くのではないか」と仮説を立てて考えてみることも身について来ました。
 学生時代、バレーボールやバトミントンを通じ培った、明るさと粘り強さを活かして、仕事においても自分らしさを大切にして明るくハキハキと元気よく接客できるように心がけることが一番大切であると思っています。

休日はメリハリ付けてリフレッシュ

学生時代と違い、平日は一生懸命働いて、自己啓発に努めています。
 休日は、一切仕事を忘れて家族とショッピングを楽しんだり、学生時代の友人と心行くまで語らったりして発散して、月曜日からの仕事のエネルギーを蓄えています。
 昨年9月に、10日間の長期休暇を取得。友人と九州旅行に行きました。美味しい店をたくさん巡り、素敵な発見や出会いがありました。
 最近は趣味でバレーボールをしたいなと思っています。いろいろなことに興味を持ち実行に移していくことが、新しい自分の発見に繋がっているんだなと実感している今日この頃です。

9月の長期休暇で九州旅行を満喫

キャリタス就活2019
エントリーはこちら!

先輩社員紹介一覧に戻る