当社の特色

証券ビジネスは今後ますます存在意義を拡大する

現在、日本の個人の金融資産は約1,700兆円といわれますが、その多くは現金や預貯金などが占め、株式や債券など有価証券での資産運用比率はまだまだ低いのが現状です。
しかし、現在の超低金利政策をはじめ、少子高齢化による公的年金制度の見直しなど、今後の経済情勢を考えたとき、老後の生活をより豊かにするためには、株式、債券、投資信託など金融商品での資産(資金)運用が非常に重要なキーとなります。
「貯蓄から投資へ」の動きが加速しようとしているいま、今後の経済状況や株式・債券市場の動きを読み、人々の資産運用ニーズに応える証券ビジネスの役割はますます重要度を増し、その存在意義も大きくなりつつあります。

特色1

特色1営業基盤を拡充し、組織の強化に取り組む

私たち「むさし証券」は、大正8年創業の「山文証券」と昭和22年設立の「千代田証券」が合併して誕生した「あさひリテール証券」(その後、「そしあす証券」に名称変更)と「武蔵証券」が平成22年に合併し、現在の「むさし証券」になりました。
現在、埼玉県を中心に東京、神奈川、千葉、大阪に支店網を展開し、『武蔵の国』を主な営業基盤としています。さらに、平成23年には「のぞみ証券」、平成27年には「三栄証券」と合併するなど、次代に向けて組織の強化と営業基盤の拡充を推進しています。

特色2

特色2埼玉県に本社をおき、県内最大のネットワークを誇る

私たち「むさし証券」は、埼玉県に本社をおく証券会社です。現在の拠点は、埼玉県16ヵ所、東京4ヵ所、神奈川1ヵ所、千葉1ヵ所、大阪1ヵ所の23拠点を展開。ことに埼玉県内の証券会社としては最大の拠点数を誇っています。
埼玉県は、人口(約720万:全国5位)、経済規模(事業所数約12,000:全国4位)など全国でも優良な営業基盤であり、非常に魅力ある市場となっています。 こうした恵まれた市場に基盤をおく私たち「むさし証券」は、身近な店舗でより多くのお客さまに、きめ細やかなサービスと新たな商品の提案・提供を通じ、地域社会の活性化とゆとりある未来の実現を積極的にサポートしていきたいと考えております。(データは埼玉県HPより引用)

特色3

特色3お客さまに密着したビジネスを通じ、「人間力」を磨く

私たち「むさし証券」は、地域のお客さまから信頼される証券会社、地域と共に生きる証券会社を目指し、顧客本位・地域密着型の証券業務を展開しています。例えば、資産運用のパートナーとして商品(株式・債券・投資信託など)をお客さまに提案する「営業職」においては、『Face to Face』を営業の中心に据え、常にお客さまと丁寧に向き合うことを心がけています。また、仕事を通じて株式、金利、為替などの金融マーケットに関わるため、経済や世界情勢に詳しいプロの証券営業員として成長できます。さらに、お客さまとの深い人間コミュニケーションを通じ、「人」として成長する機会にも恵まれています。

キャリタス就活2018
エントリーはこちら!

新卒採用TOPヘ