岩田さん

フランクな雰囲気で、成長過程にある会社だと直感。

大学で金融ゼミを専攻し、金融業界に興味を覚えたため、就職活動は銀行と証券に絞りました。大手や地方の金融企業を研究し、エントリーする中で「むさし証券」を知り、自分の地元である埼玉県に本拠を置く証券企業であることに興味を覚えました。企業訪問を通じ、大学の先輩が勤めていることや、触れる人々がアットホームで温かいこと、さらには社内の雰囲気が堅苦しくなく非常にフランクなことなど魅力を感じました。また規模的にも中堅企業で成長過程にあると直感し、「ここなら長く勤め、キャリアアップできそうだ」と思い、入社を決意しました。

1日のスケジュール

  • 8:00
    出社。朝の準備。(新聞チェック等)
  • 8:15
    朝会議。(その日の情報や目標を話す等)
  • 8:30
    株式状況をお客さまにお伝え。(何を売買したら良いか、注目銘柄等)
  • 11:30
    昼食。
  • 12:30
    午後の取引開始。お客さまに株式状況をお伝え。
  • 15:00
    投信・債券・保険等の外交活動。
  • 18:00
    支店に戻って事務作業。(その日の報告と翌日の予定をまとめる)
  • 18:50
    退社。

自分で考え、行動する人には、大きなやりがいがある。

日常の業務は、株式、債券、保険などの金融商品を電話や訪問でご提案します。また、お取引があるお客さまには、株式情報をもとに株価の動きや注目銘柄などを毎日お伝えします。とくに新規開拓の営業などでは、単にご訪問するのではなく、お客さまの趣味やご家族構成などを可能な限り事前に調べ、会話の糸口にするなど工夫しています。お客さまによっては、何度も何度もご訪問した結果、一年後に提案商品を買ってくださる方もあり、根気と粘りが必要な仕事ですが、自分の工夫とコミュニケーション力の成果を肌で感じ、達成感を抱ける仕事でもあります。銀行や大手証券会社と比べた場合、当社のような中堅証券会社の持ち味は、お客さまとのきめ細かいマンツーマンのお付き合いにあります。そのため、お客さまとの深い信頼関係や人間関係が築けるのも仕事の醍醐味です。また、個々の営業員の裁量権が大きく、プランから実行までを任せてもらえるため、たえず自分の存在感を意識しながら仕事に当たれるのも魅力のひとつだと感じています。営業マーケットには銀行や保険などライバル企業も多くいますが、証券の強みは商品ラインナップの多さです。その強みを活かすには、お客さまの潜在ニーズの引き出し方や、それに合致した商品の企画・提案力が必要であり、それこそが営業員の腕の見せ所です。自分で考え、自分で行動するタイプの人には、非常にやりがいがある仕事です。自分も今後は株式のことをもっと勉強し、株価の先読みができる営業員に成長し、お客さまに価値あるプランがご提案できるようになりたいと思っています。

土日はスポーツ、長期休暇は海外旅行でリフレッシュ

学生時代に地元でフットサルのチームを立ち上げ、活動していました。現在でも土日の休暇は、学生時代から続いているチームで練習や試合をしたりして、汗を流しています。また当社は毎年一回9連休が取れる制度があり、長期休暇は海外旅行をします。これまで米国やシンガポールなど金融先進国へ行きましたが、観光と併せて、その国の社会・経済などを肌で感じますので、楽しみながら国際的な経済状況が学べ、仕事にも役立っていると思っています。

フットサルチームの仲間と。

キャリタス就活2019
エントリーはこちら!

先輩社員紹介一覧に戻る